住宅改修

住宅改修のポイント

バリアフリーリフォームを成功させるための3つのポイントをご紹介します

身体が不自由になったとき、家の中にはバリア(障害)が多いことに気づきます。しかし、どんなお住まいでも、適切にバリアを取り除くことができれば、ずいぶん快適なお住まいへと変化を遂げます。

トータルバランスを考えましょう。

どんなバリアフリーリフォームをしよう…。と考える時、つい介護される人のことばかりに注目してしまいがち。

リフォームは、家族のことや、自宅での楽しみ方も考え、トータルに生活の質を向上させるために行うことを忘れないでください。

身体機能の衰えをカバーするためだけのリフォームは失敗となりうることがあるので気をつけて!

少し早いかな。という時期から考えましょう。

日々の生活の中で、多少足腰が衰えてきたなと思ったら、住まいの見直しをはじめてみましょう。

身体の衰えはいつやってくるかわかりません。つま先が引っ掛かるくらいの段差の解消、階段やトイレ、浴室に手すりを設置するなどの備えで住宅内での事故を未然に防ぐことができます。

身体機能の衰えに備えて予防的なリフォームを考えてみましょう。

専門家と一緒に考えましょう。

バリアフリーリフォームを行うにあたっては専門家のアドバイスを受けましょう。

計画から内容、仕上がりや費用などを細かく相談できる相手がいることが失敗しないコツ!

完成後にどのような空間になるか?どのような使い方になるか?などをしっかりイメージすることが大切です。

十分に納得した上で工事を行いましょう。